【兵庫 神戸】動物好きにはたまらない!たくさん触れ合える神戸どうぶつ王国

こんにちわ。皆さんは動物は好きですか?全国各地に様々な動物園があり、近年では見るだけでなく、ふれあいができたり餌をあげたりできる体験型の動物園が増えています。今回、動物好きな娘の誕生日に神戸どうぶつ王国に行ってきたのでご紹介します!

神戸どうぶつ王国は動物や鳥との触れ合いを中心とした施設で、中には様々な種類の動物が放し飼いになっていたりと、本当に動物が好きな人にはたまらない空間です。屋根のあるスペースも多く、雨の日でも存分に楽しめるので是非お出かけの参考にしてみてください!

神戸どうぶつ王国について

施設名 神戸どうぶつ王国
場所 兵庫県神戸市中央区港島南町7-1-9
営業時間 平日:10:00~16:00(最終入園15:30)
土日祝:10:00~17:00(最終入園16:30)
休園日:毎週木曜日
入園料 大人(中学生以上):1800円
小学生:1000円
幼児(4,5歳):300円
シルバー:1300円(要証明)
TEL 078-302-8899
URL https://www.kobe-oukoku.com/

神戸どうぶつ王国は神戸の南に浮かぶ人工島、ポートアイランドの南側にあります。かつてあった、花と鳥に触れ合える「花鳥園」をリニューアルして2014年にオープンしました。神戸の中心地である三宮からもポートライナーで15分とアクセスしやすい場所にあります。

車でももちろんオッケー☆駐車場も自家用車だと一日500円で止めることができます。

また、チケット購入時、お誕生日であることを伝えると、かわいいカピバラのイラストのお誕生日ステッカーがもらえました。これを付けていると、気づいたスタッフの人から「おめでとう!」と声をかけてもらえます。基本的にはお誕生日月にもらえるようですが、証明するものの提示などはいらないので、気軽にもらうことができます。

チケット売り場の横にはコロナ対策の看板がありました。この日はお天気も良く気持ちのいい週末。たくさんの人が遊びに来ていました。少し不安もありましたが、換気などやイベントの縮小など、様々な工夫がされており、自分でも気を付けながら楽しむことができました。

いろんな動物がお出迎え

中に入ると、まずは小動物がお出迎え。スカンクやビーバー、そしてかわいいプレーリードッグがたくさん。

穴に入ろうとしている姿もまた、かわいい。早速、ここで癒されました。

そしてさらに進むといきなり大きなトラが!ガラス越しとは言えど、すぐ近くに寝ていたので迫力満点。大きさもよくわかります。

向かい側にはオオカミが歩いていました。入ってすぐに迫力と癒しを味わうことができ、中に進むのもドキドキです。

続いて建物内に入ると見事に広がる温室空間
ここどうぶつ王国ではもともと「花鳥園」だったころからあった温室に沢山のお花があるので動物だけでなくお花などの植物も楽しむことができます。

ふれあいも沢山できる!自由に歩き回る動物たち

中は様々なセクションに分かれていて、いろんな動物が自由にのんびり過ごしています。今回はその一部とそこにいる動物たちをご紹介します。

アジアの森

ここにはレッサーパンダマヌルネコという世界最古の種類の猫がいます。ここでは直接触ることはできませんが、木をつたって、すごく近くまで来てくれます。愛らしいしぐさにキュンキュンします

アフリカの湿地

パークの真ん中には大きな池があり、「アフリカの湿地」とよばれているセクションです。ここではたくさんの鳥が放し飼いになっています。ぱっと目に入ってきたのはのはアフリカハゲコウという鳥です。

ふと後ろを見ると足元にはこんなに小さな鳥も。クロエリセイタカシギという鳥だそうです。ほかにもカモアヒル、動かないと有名な鳥、ハシビロコウなど様々な種類の鳥がそこらへんを自由に歩き回ったり泳いだりしています。

そして、顔をあげ屋根を見ると、こんなところにワオキツネザルが!

広い空間なので、どの鳥も動物ものびのびした感じで生活しています意外なところに思いもよらない動物が潜んでいるかも?それもここどうぶつ王国の楽しみ方の一つですね!

熱帯の森

ここではいろんな種類の動物が放し飼いになっています。まずは癒し系代表といってもいい、カピバラ。人懐っこく、たくさんの人にも全く動じません。優しい雰囲気なので触れ合うだけで小さいお子様から年配の方までみんな自然と笑顔になります

そしてほかにもナマケモノがすごく近くにいたり、ここにもきれいな羽をした鳥が。

これは「ベニコンゴウインコ」という種類の体長が1m程度もあるインコです。ほかにも小さなお猿さんバクカワウソアルマジロなど、珍しい動物にもこんなに身近に出会うことができます。

アウトサイドパーク

パークには開放的な屋外エリアであるアウトサイドパークがあります。まずはカンガルーファーム。こちらではカンガルー鹿、大きなリクガメがゆっくりとした時を過ごしていました。もちろん、ここでも直接触れ合うことができます。

屋外の空間ならではのラクダライドやホースライド体験も。

そして動物だけでなく、れいなコスモスが見事に咲いていて、それにも感動しました。

※ここのスペースに限っては、雨天時はイベントなどが中止になることもあります

えさやり体験も広い空間で。

ふれあいができる動物園にあるのがえさやり体験。カピバラやマーラ、鳥やカンガルーなど様々な動物のえさが用意されていて、1つ100円で購入することができます。

この日に体験してみたえさやりはまず、カピバラ

リクガメに羊。お腹がすいていたらみんなこちらによってきてくれます

そしてペンギンにも魚をあげました。ンギンとアザラシの餌やり体験は時間が決められており、10~15組限定なので、人の多い土日などは早めに並んで整理券をもらいましょう

今一番人気!砂猫の赤ちゃん

今年2020年の8月23日、日本では3例目の砂猫の赤ちゃんが誕生しました!砂猫とは野生ネコの中では一番小さい猫で、砂漠などに生息している猫の一種。9月末から一般客が見ることができるようになりました

土日は整理券が配られており、短い観覧時間でしたが、かわいらしい砂猫の赤ちゃんに会うことができました!

やっぱり赤ちゃんはかわいい!45秒という限られた時間でしたが、いくらでも見ていられるかわいさでした。こんなニャンコうちでも飼いたいなー♪と思ってしまいましたが、看板には「牙も鋭く気性も荒く、ペットとして飼いたいと考えないでください」と書いてありました(笑)また次に行ったら大きくなっているんだろうなと成長が楽しみです

バードショーやドッグショー、楽しいイベントも満載

そして、ここどうぶつ王国と言えば楽しいショーも見ものです。

バードパフォーマンスショー

こちらは「花鳥園」だったころからあるショーで、ウォーターリリーズという蓮の花がたくさん咲く池のあるスペースで行われます。

インコやフクロウなど、様々な鳥が端から端まで飛び回ります見物客の頭すれすれを飛んでいく姿は思わず身をかがめてしまうほどの迫力!スタッフの方がそれぞれの鳥の生態などを教えて下さるので勉強にもなります。

終了後は有料(300円)ですが、出演した鳥たちを手に乗せて、自分のスマホで写真を一緒に撮ることができます。普段できない体験ができるので、いい記念になりますね!

ドッグパフォーマンスショー

アウトサイドパークではドッグステージと広い芝生のゾーンがあり、こちらでドッグパフォーマンスショーを見ることができます。ショーでは牧羊犬が出てきて、実際に一匹の犬がたくさんの羊をまとめるところを見ることができます

また、フリスビーを使っての人と一緒に行うパフォーマンスも。賢いワンちゃんに盛大な拍手が沸き起こります

ペリカンフライト

今回最後にご紹介するのが、「ペリカンフライト」。アフリカの湿地にある池では数羽のペリカンがいます。ペリカンと言えばそんなに飛ぶイメージがない方も多いのではないでしょうか。ところが、ここでは池の端から端までパタパタと翼を羽ばたかせて一斉に飛び立つ姿を見ることができます。横からも見ることができるのですが、正面から見るとペリカンが飛んできて水面をスライディングしてこちらに向かってくる姿に、思わず身を引いてしまうほど。その壮大さに歓声が起こっていました。

疲れたら休憩。ママに優しい設備や休憩場所も。

神戸どうぶつ王国では、ショーや餌やりなどの様々な体験ができるタイムスケジュールがあり、また自由に触れ合うこともできるので一日中遊ぶことができます

そこで気になるのがお昼ごはんですよね。ここでは屋内外に計3か所のレストランがあり、軽食からカレーなどのアラカルトまで楽しむことができます。以前はバイキング形式のレストランもありましたが、今はコロナにより休業しているようです。

そして、何よりうれしいことのが、こういった屋内施設では食べ物の持ち込みなどは禁止のところもありますが、ここでは飲食持ち込みOKとなっています。おうちからお弁当を作って持って行ったり、おやつやスーパーで買った軽食なども持ち込むことができます。

屋内の空間にはテーブルとイスがたくさんあります。この日も沢山の人がいましたが、座ってゆっくり食べることができました。家族連れとしては、持参したものを飲食できるのはありがたいですよね

また、赤ちゃん連れの方も沢山いらっしゃいました。パーク内には授乳室はもちろん、ベビーカーの貸出や子供用の便座も用意されています。ショーの間などはベビーカーを畳んで見学するところもありますが、小さなお子様も沢山楽しんでいました。

まとめ

沢山の動物と触れ合える「神戸どうぶつ王国」をご紹介しましたが、ここに載せたのはほんの一部で、今回ご紹介しきれなかったイベントや珍しい動物たちもいます。

また、この春には屋外に新エリアができ、これまで屋内で行われていたバードパフォーマンスショーも外で見ることができるそうです。どうぶつ王国ではこのように随時新エリアがオープンしており、何度行っても楽しめること間違いなし!今はコロナ渦で、ふれあいイベントも一時休止中となっていますが、それでも、こんなに近くでたくさんの動物と触れ合うことができる施設は数少ないのではないでしょうか

何より動物たちがのんびり自由に過ごしている姿を見ることができるのがすごく素敵だなと思います動物好きには本当にたまらない空間。皆さんもぜひ癒されに行ってみてください。

NOCCでは、今後も子育てに役立つような場所の情報を載せていきますので、ぜひお時間があったらホームページを覗きに来てください♪

(↑神戸どうぶつ王国情報へ)

ABOUTこの記事をかいた人

Ueyama

小2と小6の子供を持つ働くママです。DIYが大好きでおうちで色々なものを作っています。これから始める人にもわかりやすい、子育てママ目線のDIYを紹介していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。
いただいたコメントの内容はすぐには公開されませんのでお気軽にどうぞ。非公開をご希望の方はその旨お伝えください。