学校に導入されたタブレットで、どんなことができる?

皆さんのお子さんの学校はタブレットを導入していますか?

文部科学省が公表した
教育のICT化に向けた環境整備5か年計画(2018~2022年度)」によると、
1日1回の授業では、
児童生徒が1人1台環境で学習できる環境の実現を目指すとあります。
また、超高速インターネット無線LANを100%整備するとも掲げています。
ちなみに、「学校における教育の情報化の実態等に関する調査」では平成29年度3月1日時点で、
コンピュータ1台あたりの児童生徒数は5.9人、
無線LAN普及率は89.0%のようです。

それに合わせて、各企業によるICTを利用したプログラミング学習教材や
電子ノート、教材などの急速な開発が進んでいます。

今回は、2018年8月2日と3日にインテックス大阪であった
教育ICT展というイベントに参加してきました。

ここでは、学校や家庭向けに
子ども向けのタブレットでの学習システム
プログラミング教材
先生たちが教材を作るためのソフトや
印刷機などが数多く展示されていました!

その全てをご紹介することはできませんが
個人的に気になった一部の商品を
学習システム>と<プログラミング>に分けてご紹介しようと思います♪

 

<学習システム>

まずは教育現場と家庭をつなぐ機能がついたタブレット、
mypa(マイパ)。(株式会社 希Wing)
毎日配るプリントをWEBで配信したり
入退室管理や生徒対応履歴、
授業やイベントの動画の配信
などの機能がついています。

これなら万が一予定が合わずお子さんのイベントを見逃しても
あとで見ることができそうです♪
また、学校についた時間や出た時間がリアルタイムで配信されるので
安全面でも安心ですね♪

 

続いては協働学習やアクティブラーニングに活用できるタブレット、
dynaCshool TruNote Classroom。(東芝クライアントソリューション株式会社)
児童生徒のタブレットでデジタルノートやホワイトボードを共有したり
先生は、教材の配布や児童生徒の進捗モニタリング、成果物の回収ができたりするようです。

模造紙に書き込むように、みんなでノートを共有することで
新たなアイデアが生まれそうだし、
そこに先生からのアドバイスも加わることで
学習もより捗りそうです♪

 

そして次は小学生向けドリル学習サービス、
やるkey。(凸版印刷株式会社)
先生が授業と関連した問題を出題し
子どもたちが目標を立てて学習、
その習熟状況やがんばりを見ることができます。

つまづきポイントを分析して、児童一人ひとりに最適な問題を自動出題してくれたり
漢字や言葉の意味についての出題もしてくれるので
習熟度がより深まりそうです♪

 

今度は小・中学校向け教材、
ニューワイド教材ライブラリ。(株式会社学研プラス)
辞典や図鑑、地図や理科実験図鑑などが搭載されており
動画や写真つきでわかりやすく解説してくれます。

辞書や図鑑をたくさん持たなくても
これ1台でいつでもどこでも調べることができるのは便利ですね。
お子さんの好奇心もどんどん出てきそうです♪

また、同じ会社からニューコース学習システムというものも出されています。

 

こちらは実際に学習するときに使うものなので
上の教材と合わせて使うとより効果的ですね♪

 

<プログラミング>

まずは、人型ロボットを活用したプログラミングツール、
pepper。(ソフトバンクグループ株式会社)
pepperをプログラミングすることを通して
楽しみながら知識・技術を身につけられます

pepperを実際に見たことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
登下校のお出迎えや図書館での案内など
プログラミング教育以外でも活用されているそうです。
自分がプログラムした通りにロボットと会話できると
子どもたちの興味を引き出せそうですね♪

 

次は小学校向けプログラミング教材、
アーテックロボ(株式会社アーテック)
信号機やロボットカー、センサーやすごろくなど
多種多様なラインナップ

カタログも見ましたが、本当にいろんなものがあるようです。
各学年に応じたレベルのものもあるので
児童たちの興味に応じたセットを選ぶことができそうですね♪

 

最後は小学校向けプログラミング教材、
ぴたっと!プログラミング。(スズキ教育ソフト株式会社)
掃除や料理など子どもの生活に根差したストーリーに沿って
学ぶことができる。

これは画面の中でアニメーションとしてロボットが現れ
そのロボットと共にプログラミングを学ぶようです。
身近な話題ということから
プログラミングに親しみを持ちやすくなりそうです♪

 

いかがでしたか。
今回ご紹介した以外にも、
本当にたくさんの製品が出展されていたし
どれもそれぞれに魅力的な部分があって
楽しく参加することができました。

もうすでにお子さんが使っているものがある方も
いらっしゃるかもしれません。
個人的にプログラミングは苦手なのですが
今回ICT展に参加したことで
私も勉強してみようかなと思いました。

子どもたちが楽しく、興味を持って学べるということが
一番大事だと思います。
今回の教育改革で、子どもたちの通う学校が
より充実した場所になってほしいと思いました♪

NOCCでは、今後も子育てに役立ちそうな情報をご紹介していきますので、
ぜひ時間があったらホームページを覗きに来てください♪