中学入学前につけておきたい力とは?

みなさんはソーシャルスキルという言葉を聞いたことありますか?
論文や辞書によって定義は微妙に変わりますが
大まかにいうと、社会の中で他人と関わっていくために必要な力のことです。

今回ご紹介する論文は『ソーシャルスキルの縦断的変化ー中学生を対象として」
(心理学研究2018年 第89巻 第1号pp.29-39,西村、福住、藤原、河村)というものです。
この論文でのソーシャルスキルの測定には、
早稲田大学教授の河村茂雄先生が開発された尺度が使用されており、
「かかわりのスキル」と「配慮のスキル」で構成されています。

これらの力を中学1年生時、中学2年生時、中学3年生時の同時期に測り
全体的な傾向はどうなのか?
個人差はどうなっているのか?
学年ごとにどう変化するのか?
ということについて調査・研究しています。

それでは、詳しく見ていきましょう!

*専門的な内容になりますので、とりあえず結果が知りたい!という方は
オレンジ色の文字の部分は読み飛ばしていただいても大丈夫です!!

 

目的

中学1年生7月の時点でのソーシャルスキルを測定し、
その後2年生、3年生の同時期で測定
全体傾向を把握したあと、個人差を研究
中学生において使用されているソーシャルスキルの実態、変化を明らかにする

 

結果

平均的な傾向として配慮のスキルは高まるが、かかわりのスキルは低下
ただし、全体の約80%は両スキルがともに増加
女子よりも男子の方がソーシャルスキルの平均値は低い

男子は配慮のスキルもかかわりのスキルも増加
女子は配慮のスキルは増加したがかかわりのスキルは増加しなかった
二者もしくは複数の仲間の間での使用は、互いのスキルを促進させる
かかわりのスキルの減少を特徴とする生徒が存在していた
かかわりのスキルの減少を特徴とする生徒は、1年次においてすでに両スキルが不足

 

でした!
以上が論文(西村ら、2018)の要旨です。
ここからは私が
個人的にまとめたものになります。

つまり、

ほとんどの生徒(約80%)は配慮、かかわりのスキルともに増加!
しかし、全体の平均的にはかかわりのスキルは減少!
ソーシャルスキルは男子よりも女子の方が高いが、
女子はかかわりのスキルが増加しなかった!
ソーシャルスキルの使用は相手のスキル使用を促進させる!
1年次でソーシャルスキルが低いと、かかわりのスキルが減少する!

 

ということでした♪

まず、一つ目と二つ目の結果はびっくりでした!
平均するとかかわりのスキルは低下しているけど
約80%は増加しているということは
低下した生徒の低下の程度が激しいということでしょうか。

男女差に関しては、
男子の方はソーシャルスキルの底上げが必要なようです。
女子の方はかかわりのスキルが増加しなかったので
かかわりのスキルを使用しやすい環境作りが大切になってきそうです!

また、ソーシャルスキルを使用することで
相手のスキルが促進するということは

自分にかかわろうとしてきた友だちには
気をつかって接しようとするということですね♪

しかし、1年次にソーシャルスキルが低いと
かかわりのスキルが減少するのには注意が必要そうですね。

論文(西村ら、2018)の中に、1年次でソーシャルスキルの使用が少ないと
その後の対人的交流の機会が減り
かかわりのスキルの使用機会も減るのではないかとの推察がありました。

確かに、クラスメイトとの会話がないと
かかわりそのものがなくなるので
スキルの使用機会も減ってしまいそうですね。

1年生の時点でソーシャルスキルが低い生徒は
その後積極的に周りと関わろうとしなくなる可能性があるので
1年生でのソーシャルスキルに関する指導が特に大事なのだと思いました。
学校では、しっかりとソーシャルスキルの指導をしてもらいたいですね♪

また、中学校に入る前の段階、つまり5、6年生のうちに
ある程度ソーシャルスキルが身についている
中学生活がスムーズにスタートできるかもしれません。
どういう風にしたらソーシャルスキルが身につくかに関しては
またの機会にご紹介したいと思います♪

以前、子どものキャラに関する論文をご紹介したときにも言及しましたが
子どもたちにとって学校での生活や友だちとの時間は
親と過ごすよりも長い可能性があります。
やはりその場は、子どもたちにとって快適であってほしいですね。

NOCCでは、今後も子育てに役立つような論文をご紹介していきますので
ぜひ時間があったらホームページを覗きに来てください♪

(参考文献:ソーシャルスキルの縦断的変化―中学生を対象として(心理学研究2018年 第89巻 第1号pp.29-39,西村、福住、藤原、河村)